TOP > STAFF BLOG > 沖縄のお花|パラセーリング【MarinChu】
パラセーリング専門店マリンチュスタッフが最新情報を更新中

沖縄のお花|パラセーリング【MarinChu】

2016年6月7日

はいたい!めんそーれ沖縄♪♪
南国沖縄から贈るMarinChuブログ☆☆
沖縄観光に役立つ豆知識やマリンレジャーなど海に関する情報!
お客様のパラセーリング写真などなど様々な事を記事にしてアップしていきたいと思います!

 

沖縄=南国=トロピカルなお花

なぜか暖かいところには大きくてカラフルなお花がたくさんありますよね~♡

ここ沖縄でもいたる所で綺麗なお花を見る事ができます!

 

まずは沖縄の県花

デイゴ

deigo

deigono

でいご~の 花が咲き~♪

という有名な歌の歌いだしにもなっていますね!

デイゴはマメ科デイゴ属の落葉高木。

原産地はインドで花の咲く時期は5〜6月ごろ。

ちょうど今頃に花が咲きます。

毎年満開になるわけではなく、満開になった年は台風の当たり年と言われ、天災(干ばつ)に見舞われるという言い伝えもあるそう。

【花言葉】

  • 活力、生命力

沖縄の青空に映える美しい赤・朱色の花。

まさに生命力を感じます。

 

一番有名?

ハイビスカス

haibisukasu

色の種類は豊富なのですが、沖縄では赤いものばかり目にします。

そのためか、現地では『あかばなー』と呼ばれています。

ちなみにハワイでは黄色が主流。

沖縄南部では、死人の後生の幸福を願って墓地に植栽する習慣もあるのだとか。

【花言葉】

  • 繊細な美
  • 新しい恋
  • 常に新しい美(赤)
  • 勇敢(赤)

南国の人はハイビスカスを耳にかけて飾っているイメージがあると思いますが、それにもきちんと意味があります。

右耳にかけるのは≪未婚・シングル≫の意味

左耳にかけるのは≪既婚≫の意味です。

 

見たことあるけど

ブーゲンビレア

bu-

bu

bu-gen

小さな白いがくを取り囲むように、“葉”が、赤や紫、白に色づきます。

落葉してもすぐに次の葉が生え色を付けるため、年中鮮やかな葉を楽しめます。

生け垣や民家の外壁など県内至る所で見る事ができ、鮮やかな葉が人々の目を癒し、楽しませています。

 

【花言葉】

  • 情熱
  • あなたは魅力に満ちている
  • あなたしか見えない

見た目に反してずいぶんと厚い花ことばを持っている花ですね(笑)

沖縄は探さなくても多くのお花を見る事ができます!

渋滞の多い市内でもふと道路わきをみれば癒されるかも♡(わき見運転はダメですよ!)

 

Translate »