TOP > STAFF BLOG > 沖縄のシュノーケリングスポット|パラセーリング【MarinChu】
パラセーリング専門店マリンチュスタッフが最新情報を更新中

沖縄のシュノーケリングスポット|パラセーリング【MarinChu】

2016年6月4日

はいたい!めんそーれ沖縄♪♪

南国沖縄から贈るMarinChuブログ☆☆
沖縄観光に役立つ豆知識やマリンレジャーなど海に関する情報!
お客様のパラセーリング写真などなど様々な事を記事にしてアップしていきたいと思います!

 

 

 

沖縄に来たら。。。海に入らなきゃー\(^o^)/

と、いうことで~今回はシュノーケリングのスポットをいくつかご紹介します!

 

北谷町宮城海岸『砂辺』

miyagi

アメリカンビレッジのすぐ隣、地元では人気のポイントです。

浅瀬のサンゴの隙間にクマノミとか見つけることができちゃいますよ(^^)

伊計島『大泊ビーチ』

odomari

◆利用料1人500円 ◆シャワー、更衣室が利用可能 ◆年中無休

600mほどの広々としたビーチで開放感のある素晴らしいビーチです。

泳げるのは遊泳区域内だけですが、入ってすぐの岩礁にはものすごい数のロクセンスズメダイが!

魚の種類は多くはないですが、白砂の海底の美しさや、抜群の透明度で十分楽しめる好ポイント♪

『真栄田岬』

maeda

青の洞窟で有名な真栄田岬。

岬の上にある駐車場から、整備された階段を数十メートル降りて海へ!(^^)!

海岸から20~40メートル沖までは浅瀬が続きますが、その先は海が急激に深くなり水底が見えないほど。

海が深くなりかける水深3~7メートルの辺りにチョウチョウウオやスズメダイ、クマノミなどの魚が♪

人気の“青の洞窟”は、階段から右側に岩壁に沿って100メートルほど泳いだ崖の下に入口があります!

穴の中には暗がりに住む魚のリュウキュウハタンポが群れており、

洞窟の正面沖の辺りではロクセンスズメダイに周りを囲まれ、ダイバーに人気のツバメウオの群れに出会うことも多い。

海の青さと魚の多さが際立つ、沖縄本島を代表する人気ポイントですよ☆

大度海岸『ジョン万ビーチ』

jyonman

那覇から車で約40分!!

こちらの海は干潮時にはリーフの中で浅瀬で泳ぐことができるので波もなく、おだやかで、夏の光が差し込む美しい海を楽しめます。

潮位毎に干潮時は足が付く場所も多く、満潮時は2~3mとどんな方にもおすすめ♪

インリーフでも珊瑚が多く見られ、魚種も多い。

アウトリーフも近くて珊瑚も多く、地形もダイナミックで面白いです。

ただ、アウトリーフへの出口は離岸流が発生する場合があるので注意が必要です!!

 

 

だれでも自由に泳げるのがシュノーケリングの魅力です。

しかし『シュノーケリングは自己責任で楽しむ』という大前提があります。

自由に泳げるからと言って、ルールやマナーを守らない身勝手な行為や無理な行動は禁物です!!!

1人では泳がず、海では2人1組以上で、お互い気にかけあって海の危険に注意しながら泳ぎましょうね!(^^)!

間違った自己流は危険です!!!!

できれば最初は、インストラクターなどの専門家に指導してもらうのが理想的(*^_^*)

また、海では周りの人や地域の人たちへ対する心配りも忘れずに♪

自然を守る意識も大切ですよ(^_-)-☆

カレンダー

2018年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

パラセーリングの予約をする

パラセーリングの料金を確認する

パラセーリングの注意事項

パラセーリングのよくある質問

ショップ情報