TOP > STAFF BLOG > みずがーみ?|沖縄パラセーリング【MarinChu】
パラセーリング専門店マリンチュスタッフが最新情報を更新中

みずがーみ?|沖縄パラセーリング【MarinChu】

2015年4月24日

はいたーい!めんそーれ沖縄♪♪

南国沖縄から贈るMarinChuブログ☆☆

沖縄観光に役立つ豆知識やマリンレジャーなど海に関する情報!お客様のパラセーリング写真などなど様々な事を記事にしてアップしていきたいと思います!

 

タイトルみずがーみとは、沖縄の方言でウミガメ、らしい。。

本当のところはどうかわかりませんがネット情報なので悪しからず。笑

 

ということで、今回はかわいいウミガメのご紹介をしていきます!

 

沖縄カメ

 

まず一言にカメといっても、たくさん種類があります。

大きく分けてリクガメとウミガメ。違いは手と足。

 

リクガメは歩くのに適したしっかり、どっしり、まるで象のよう。

ウミガメは泳ぐのに適した平べったい手足がついています。

 

海の中ですいすい泳ぐウミガメはとても気持ち良さそう~♪

 

現在沖縄近郊に生息しているウミガメは3種。

 

アオウミガメ

アオウミガメ

アカウミガメ

アカウミガメ

タイマイ

タイマイ

 

甲羅の色や柄がそれぞれ違いますね!

 

その他の種類のウミガメも『沖縄美ら海水族館』で見ることができます!

那覇の港でもたまに見る事ができるようですよ☆★

残念ながら、沖縄に来てから私はまだ見られていませんので、ハワイに滞在していた時の写真を何枚かご紹介します。

 

砂亀

ハワイでは“ホヌ”と呼ばれ、古くから海の守り神として崇められています。

ビーチにこんな砂アートも見られました。

 

 

ハワイカメ

ハワイノースカメ

 

 

こちらの2枚はハワイ北部にあるビーチ。

ここには毎日ウミガメたちが甲羅干しをしにやってきます。

それを見にたくさんの観光客が集まる場所なので、ここにはカメを保護する為の人が常駐し、

陸に上がったカメたちの周りにご覧の様な赤いロープを置いて、人間たちが近付かない・触らないようにしています。

無断でカメに触った場合、$10,000 前後の罰金を科せられる場合もあるんですよ~!

 

 

カメ

ウミガメがビーチに上がってくる所。

写真を撮る時もかなり距離を取っています。

 

なぜこんなにも守られてるいるのかというと、ウミガメは絶滅危惧種だからなのです。

 

ハワイでも沖縄でも同様に、近くでカメが見られるダイビングやシュノーケルが人気ですが、

ぜひカメに優しくしてあげて下さいね~ヽ(^o^)丿

 

ウミガメは肺呼吸なので、だいたい30分前後で息継ぎをしに海面に顔をだします。

カメ息継ぎ

 

こんな感じでピョコっと顔だけ出て来るんです。かわいい~♡

パラセーリング中、上空からこんなウミガメの姿が見られちゃうかも!!

ウミガメを見ることができると、近いうちにその人に幸せが訪れると言われています☺

是非、開運試しに一度!笑

 

沖縄はカップル、家族、友達、一人でも楽しめます!!!!

 

マリンスポーツや観光など何でもご相談にのりますので、お気軽にお問い合わせ下さいね(*^^)v