TOP > STAFF BLOG > 沖縄の玄関口・那覇空港|パラセーリング【MarinChu】
パラセーリング専門店マリンチュスタッフが最新情報を更新中

沖縄の玄関口・那覇空港|パラセーリング【MarinChu】

2016年7月7日

 

はいさい!めんそーれ沖縄♪♪

南国沖縄から贈るMarinChuブログ☆☆
沖縄観光に役立つ豆知識やマリンレジャーなど海に関する情報!
お客様のパラセーリング写真などなど様々な事を記事にしてアップしていきたいと思います!

 

MarinChuがパラセーリングを開催しているポイントから目と鼻の先、そしてパラセーリング中もほぼ近距離で飛行機が離発着を見ることができる沖縄県の玄関口、那覇空港について今日はお話したいと思います。

nahaAP

那覇空港は沖縄県那覇市にある空港施設。利用者数は日本国内の空港では東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港、新千歳空港、福岡空港、関西国際空港に次いで第6位(2013年度、うち国内線旅客数では第4位)の沖縄地域のハブ空港で、国内幹線空港の一つなんです。

 

旅行者の皆さんが沖縄県に来沖する際、本州からだと陸路交通手段がないので船便か飛行機になると思いますが、利便性を考えてほとんどの方が飛行機を利用されてると思います。ちなみに飛行機の就航都市ですが次の通りです。

 

国内線
北海道・東北 : 札幌/新千歳、仙台
関東 : 東京/羽田、東京/成田、茨城
中部 : 名古屋/中部、静岡、新潟、小松
近畿 : 大阪/伊丹、大阪/関西、神戸
中国・四国 : 岡山、広島、岩国、高松、松山
九州 : 福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美、与論
県内 : 久米島、北大東、南大東、宮古、石垣、与那国
国際線
韓国 : ソウル/仁川、釜山
中国 : 北京/首都、上海/浦東、天津、杭州、西安、福州、南京
台湾 : 台北/桃園、台中、高雄
香港 : 香港

 

このブログをご覧いただいている皆さんはどちらにお住いでしょうか?関東・関西・中部・九州・北海道、、 もしかして台湾・韓国・ハワイも含みアメリカ本国など海外にお住まいの方もいらっしゃると思います。沖縄は数ある世界のリゾート地の中でも旅行者に人気の体感系アクティビティもまるごと楽しめるリゾートアイランドなので、国内・海外のアドベンチャー好きの方々にはもってこいの場所なんですよ(●^o^●)海! 山! 自然ってホント最高ですよ。

 

話もどりますね 、、 飛行機でOKINAWAまでいらっしゃる場合、国内線だとJAL(日本航空系)・ANA(全日空系)のレガシーキャリア利用でお越しだと思いますが、最近だとLCC【格安航空会社】 L ロー C コスト C キャリア いわゆるこのローコストキャリアでお越しの方も多いです。ちなみ那覇空港発着の国内線LCC【格安航空会社 ここではスカイマークも含めて】ですが、大きく4社あります。

peachvanilla

jetsky

スカイマーク(SKY) 札幌/新千歳、東京/羽田、茨城(神戸経由)、名古屋/中部、神戸、福岡
Peach Aviation(APJ) 東京/成田、大阪/関西、福岡
バニラ・エア(VNL) 東京/成田
ジェットスター・ジャパン(JJP) 東京/成田、名古屋/中部、大阪/関西

 

この4社はレガシーキャリアに比べると時期によって価格変動もありますが、おおよそ1/2ほどで飛行機を利用出来てしまうんです。いや~お財布に優しい!浮いたお金でパラセーリングも出来ちゃいますよ。(*^^)v LCC【格安航空会社】については各社HP参照ください。

 

ここでLCCについての注意点、、
LCCターミナル【Peach Aviation・バニラ・エア発着便】へのアクセスは、国内線ターミナル1階から約10分間隔で運行する連絡バスおよび一部レンタカー会社の送迎バスに限られ、徒歩、タクシー、自家用車での立入りはできませんので飛行機の出発時間はご注意下さいね。

 

ちなみに下記が以前、那覇空港に離発着していた海外路線です。

 

休廃止路線
ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)(フィリピン航空、ノースウエスト航空)
ホノルル国際空港(ホノルル)(トランス・ワールド航空、コンチネンタル航空)※グアム経由
ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)(ノースウエスト航空)
ミネアポリス国際空港(ミネアポリス)(ノースウエスト航空)※東京/成田経由
ナウル国際空港(ナウル)(エアーナウル)※グアム経由
グアム国際空港(グアム)(ユナイテッド航空)

 

以前はフィリピン・アメリカ本国も含めハワイ・グアムなどにも就航してたんですね。いや~便利だったんですね。

 

現在、那覇空港は需要増による容量の限界が近づいている上に、航空自衛隊戦闘機のスクランブル発進との競合もあって、並行滑走路の増設を2014年1月に着工し、5年後の2019年完成を目指して工事が進められ、2020年3月末の供用開始を計画しています。

naha2

2020年の日本での夏季オリンピックに向けて将来的に国内・国外各地への飛行機の新規の路線就航や以前就航していた路線復活を期待し沢山の方々がこの自然豊かで癒しの島OKINAWAにお越し下さるのを願うばかりです。

 

 

カレンダー

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿

パラセーリングの予約をする

パラセーリングの料金を確認する

パラセーリングの注意事項

パラセーリングのよくある質問

ショップ情報