TOP > STAFF BLOG > 沖縄の1リットルパックは1リットルではない!
パラセーリング専門店マリンチュスタッフが最新情報を更新中

沖縄の1リットルパックは1リットルではない!

2018年5月

はいたい!めんそーれ沖縄♪♪
南国沖縄から贈るMarinChuブログ☆☆
沖縄観光に役立つ豆知識やマリンレジャーなど海に関する情報!
お客様のパラセーリング写真などなど様々な事を記事にしてアップしていきたいと思います!

 

 

 

 

この間私の知り合いである沖縄のある高校の先生とお話をしている時のこと…

ブログ用_180522_0046

友達が飲んでいた↑これが目の前にありました(笑)

私の沖縄の人のイメージは、紅茶をよく飲むなというイメージ。

自動販売機を見てもデカ缶で紅茶がはいっていますよね!

しかも、ストレートからレモン、ミルク、リンゴと種類もあります。

食堂に行っても、水とレモンティーが置いてあったりと…

そこから話は膨らみ、

『沖縄の人って1リットルパックにストローさして飲んでる人多いよね!?』という話題に!

『うん、多いな。でもあれは1リットルじゃなくて、946mlだぞ(笑)』との返答が。

えーーーっ\(◎o◎)/!?

 

沖縄あるあるなんだそうですが、よく見てみると~なんと『 946ml なんです!!

ブログ用_180522_0045

あ~~~ホントだッ(@_@)

まさかの『1000ml』ではない!!!

私はこのパックを見ると1000mlだと勝手に思うのですが、うちなーんちゅはこのパックは昔から946mlだから全然気にもならなかったそう。

このアイスティーを飲んでいた本人からは「え!?946mlじゃないの!?」と逆に言われました(^_^;)

とりあえず気になったので、先生になんで1リットルじゃないの?と聞いてみました!(^^)!

これには沖縄ならではの理由があるとのこと。

沖縄はかつてアメリカ統治下にあり、容量単位として 『リットル』 ではなく 『ガロン』が使われていたことが理由だそう 。

そして本土復帰後、日本全国で使用されている 『1リットル』に合わせるため、沖縄ではガロンのままで1リットルに近い数値として1ガロンの4分の1。

つまり『1クォート(クォーターガロン) =946ml』 になったそうです 。

アメリカでは容量単位として「液量オンス(fluid ounce)」、「カップ(cup)」、「パイント(pint)」、「クォート(quart)」、「ガロン(gallon)」という単位が使われています。

1ガロン=3.785リットル

3.785÷4=0.94625

1クォート=946.25ml

約1リットルということで、946mlなんですね(^-^)

スーパーやコンビニなどでみてみると、1リットルパックの容量はやはり大体が946mlと書いてあります!

内地から来た私は50mlほど損した気分になりますね(笑)

じゃあ500mlのパックは?と思って見てると、やはり紙パックの500mlは473mlでしたヽ(^o^)丿

でも、ペットボトルは500mlですよ♪

 

ブログ用_180522_0044

ちなみにこの花笠食堂アイスティーはスーパーやコンビニでも見かけますよ!

お店の広告欄に、看板娘の写真付き(笑)

やんばる食堂レモンティーも売ってますねw

こちらも広告欄付きで食堂の紹介がしてあります!(^^)!

是非沖縄に来た際は、紙パックを手にとって見てみて下さいね~\(^o^)/

カレンダー

2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

パラセーリングの予約をする

パラセーリングの料金を確認する

パラセーリングの注意事項

パラセーリングのよくある質問

ショップ情報