TOP > STAFF BLOG > クジラウォッチングin沖縄|【MarinChu-Activities】
パラセーリング専門店マリンチュスタッフが最新情報を更新中

クジラウォッチングin沖縄|【MarinChu-Activities】

2018年1月26日

 

はいたい!めんそーれ沖縄♪♪
南国沖縄から贈るMarinChuブログ☆☆
沖縄観光に役立つ豆知識やマリンレジャーなど海に関する情報!
様々な事を記事にしてアップしていきたいと思います!

 

 

私たちはホエールウォッチングへ出てクジラを見ますが、一方海中にいるクジラの方からははたして私たちが見えているのでしょうか?

逆にクジラから私たちはウォッチングされているのでしょうか??笑

まず、クジラの目はあの大きな体のどこについているんだ?

ザトウクジラ目

実は口のつけねのところ辺りにあるんです!小さいお目めが(^O^)/

クジラの眼球位置は水の抵抗が少ない後方へ下がり、周囲より陥没しています。

眼球全体を包む組織がクッションのように厚くなっていて、潜る時にかかる水圧にも対応できるような仕組みになっているんです。

クジラの視野ですが、下の方には広い視野があるらしいのですが、人間のように眼球だけを動かすことはできないんだそう。

 

そして海の中で生活をしていますが、どのくらい視力があり、どのくらい見えているのでしょうか?

調べてみたところ、鯨類でも多少の差はありますがだいたい視力は0.1程らしいです。

私の視力が0.2程なので、メガネやコンタクトがないとホント身の周りしかハッキリ見えません(笑)

少し離れただけで、人の顔もぼや~っとしか見えないですし(^_^;)

人間で考えると目が悪いのでは?と思うかもしれませんが、水中では空気中の様に物は見ないですし、光が乏しい海中は少し潜ればすぐに暗い世界になってしまいます。

なので鯨類たちはあまり視力には頼っていないと考えられるそうです。

と言う事は、もし海上に顔をだしてクジラが周りの様子をうかがっていたとしても、ぼや~っとしか私たち人間のことは見えていないのではないでしょうか?

なんかいるな~ぐらいですかね?笑

 

しかし鯨類たちの眼は視力だけではありません!暗いところのものを見る能力は非常に優れているんです!!

クジラは海中の少ない光量でも視覚を使えるように、反射膜を発達させました。

そのことにより光が少ないところでもある程度視力を得ることができるのです。

反射膜があるために、薄暗い海中でクジラに会うと、クジラの目は青く光って見えるらしいですよ。

この反射膜は多くの夜行性の動物が持っており、猫などの動物を暗闇で見ると目が光ってみえるのもこの反射膜なんです。
さらに、動体視力がとても優れていると言われています。

他にもイルカやクジラ達の見る力は眼だけではないんですね!(^^)!

ご存知の方もいると思いますが、鯨類たちは超音波を出して、その反射音から対象物までの距離や大きさ、形などさまざまな特性を感知することが出来るんですよ!

このことを『エコーロケーション』と言いますが、言わば「音で感じる目」ですね。

このエコロケーション能力はかなり優秀で、音で感じる目を持っているおかげで障害物を避けながら水中を速いスピードで泳いだりすることが出来るんですって!
イルカやクジラたちには、遠くのものが目では見えていなくても、おそらく見えているように感じる事が出来るんだろうな~(*^_^*)
本当にすごい能力ですよね!

沖縄へ来た際には、是非クジラウォッチングしましょう☺お互いにw

カレンダー

2018年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

パラセーリングの予約をする

パラセーリングの料金を確認する

パラセーリングの注意事項

パラセーリングのよくある質問

ショップ情報